物理な人々↓

キャンパスの春の花2014 ↓

理学な日々↓

管理者

森川雅博(物理)
hiro@phys.ocha.ac.jp
 

掲示板

H20年度集中講義情報[根記事一覧]

磁性体特論(0件)番 雅司2009/01/27(1票)
ソフトマター物理学(複雑液体・生体)(0件)番 雅司2009/01/06(0票)
ソフトマター物理学(高分子・液晶: 08L1016)(0件)番 雅司2008/12/15(0票)

過去の集中講義情報

■平成20年度集中講義[根記事一覧]
核物性特論 (08L1019)(0件) ばん 2008/07/18 (0票)
科目名: 核物性特論 (08L1019)
講師:     外舘 良衛
日時:  9月10日(水曜)10:40開始
       9月11日
                9月12日
                9月13日
場所:     理学部1号館241室

放射光科学特論 (08L1011)(0件) ばん 2008/07/12 (0票)
科目名:    放射光科学特論 (08L1011)
講師:      浜谷 望
日時&教室: 8月1日 10:40-18:20 物1講義室
         8月4日 10:40-18:20 理学部1号館241教室
         8月5日 10:40-18:20 理学部1号館241教室


統計力学特論(08L1001)(0件) ばん 2008/05/23 (0票)

科目名:  統計力学特論(08L1001)
講師:    番 雅司
開講日時:7月16日(水) 13:20 - 16:30
         7月23日(水) 13:20 - 16:30
                  7月30日(水) 13:20 - 16:30
                  8月  6日(水) 10:40 - 16:30
                  8月  7日(木) 10:40 - 16:30
教室:        理学部1号館 241教室
 

【内容】 ・線形応答理論
      ・確率過程を用いた不可逆過程の理論
      ・量子系の不可逆過程の微視的理論


物理学特別講義(宇宙物理...(3件) 森川 雅博 2008/04/16 (0票)
科目名:     物理学特別講義(宇宙)(08L1037)
講師:        
辻川 信二(理科大)
開講日時: 6月9日(月) 10時00分 ~ 16時30分ごろ
                   6月11日(水) 10時00分 ~ 16時30分ごろ
教室:         理学部3号館2階 ラウンジ
 
【題目】
宇宙物理学
【概要】
暗黒物質、暗黒エネルギー、インフレーションなど



数理物理学特論 (08L1025)(0件) ばん 2008/04/16 (0票)
科目名:  数理物理学特論 (08L1025)
講師:    出口 哲生
開講日時:5月21日(水) 10:40-12:10, 13:20-14:50
         5月22日(木) 10:40-12:10, 13:20-14:50, 15:00-16:30
                                       (16:40-18:10)
         5月23日(金) 13:20-14:50, 15:00-16:30, 16:40-18:10
         5月28日(水) 10:40-12:10, 13:20-14:50, 15:00-16:30
教室:       理学部3号館2階 教授会室

【内容】
ヤン・バクスター方程式の解、代数的ベーテ仮説の基礎、
量子XXX鎖の厳密解、1次元ハバード模型の厳密解、近藤問題の厳密解


物理学特別講義(物性)(0...(0件) ばん 2008/04/09 (1票)
科目名:     物理学特別講義(物性)(08L1038)
講師:         笹本 智弘(千葉大学)
開講日時: 5月8日(木) 10時40分 ~ 16時30分
                   5月9日(金) 10時40分 ~ 16時30分
教室:         理学部3号館2階 理学部教授会室
 
【題目】
1次元非平衡統計力学模型の数理 
【概要】
非対称排他過程は, 1次元格子上を多数の粒子が体積排除の相互作用の下で
非対称な拡散を行う模型である。 交通流や界面成長などへの応用があるほか、
非平衡系の単純なモデル系としてよく研究されている。このモデルの大きな特徴
厳密解が得られる事であり、 特に最近はランダム行列理論の手法を用いて
その時間に依存する性質まで調べられるようになりつつある。講義では、 非対称
排他過程がどのようなモデルかといった基本的なところから始めたあと、ランダム
行列理論を用いた解析について、 詳しく説明を行う。
【参考文献】
1. 笹本 智弘,1次元非対称単純排他過程の厳密解.
   物性研究  79 (2003), 881-925.
2. TS, Fluctuations of the one-dimensional asymmetric exclusion process
   using random matrix techniques, J. Stat. Mech. (2007) P07007.

現象論的素粒子論 (08L103...(0件) ばん 2008/04/09 (1票)
科目名:     現象論的素粒子論 (08L1034)
講師:         波場 直之(大阪大学)
開講日時: 6月10日(火)~6月13日(金)、時間:10時40分 ~ 16時30分
教室:         理学部1号館 241教室 

 

さらに過去の集中講義・講義